清潔感でNGされないための8項目【毎日チェック必須】

「清潔感ってなに?」
「具体的にどこをどうすればいいかわからない」
と悩んでいませんか?

清潔感の答えがわからないままだと
2回目デートなどで女性から
「前は清潔感あったのに今回は手抜いてるな」
と思われて印象が悪くなり

ホテルに行けない & 3回目デートに
繋がらないことになります。

女性は毎日メイクしてるので
特に清潔感はみられています。

しかし今回の内容を実践すれば
清潔感でNG判定をくらうことは
なくなるでしょう。

聞いたら「当たり前」ですが
実際これを毎日やってる男性は
ほとんどいません。

やるだけで「ちゃんとしてる」認定されるので
職場でも印象が上がるし、何より自信もって
過ごせるからオスとしての魅力も上がります。

そんな清潔感の正体について
知りたい人は是非最後まで読んでください。

清潔感における8つの要素

結論から話すと
清潔感のチェックポイントは

髪、眉、鼻毛、唇、ヒゲ、服のサイズ感、爪、匂い

この8つです。

数は多いように見えますが
毎日やることは限られるので
1日10分あればOK。

1つずつみていきましょう。

1.髪は毎日セットしよう

髪は顔のパーツで最も見られやすく
清潔感に直結する部分です。

寝癖やフケがあるなら全部取り除き
ジェルやワックスでセットしましょう。

「セットの方法がわからない…」という場合は

・メンズ専門美容室へ行く
・自分でセットしやすい髪を提案してもらう
・セット中もメモを取って再現できるようにする
・セット後の髪を360度スマホ撮影してもらう

これをやってください。

美容室に行き慣れてない方だと

「美容師や周りの目線が気になる…」
「馬鹿にされるかもしれない」

と感じるでしょうが
その心配はありません。

美容師はプロなので
髪に関する提案は喜んで答えてくれます。

あと、単純に自分のアドバイスを
メモしたり写真に残されて嬉しくない人は
ほとんどいません。

「髪のセット苦手なので教えてください」
って言えばちゃんと教えてくれるので
怖がらずに言いましょう。

(というか同じような悩みを抱えた人は
月に2,3人いるらしいです。)

2.眉は自分で剃るな!

人は黒い部分に目がいく特性があるので
眉も顔の印象として上位に食い込みます。

眉の形がヘンテコだったり
げき眉、ボーボーだったら
非モテ感・不潔感があります。

私も以前は「げき眉」と馬鹿にされるくらい
眉が濃くてコンプレックスでした。

「この眉は一生治らない」と思い込んでましたが
思い切って眉サロンで相談したところ
めちゃくちゃ形のいい眉になりました。

当時学生でしたが同級生の女の子たちから
「ワカさん眉めっちゃ綺麗やん!」
と褒められたのを覚えています。

特にCAなど接客業の女性は
眉に敏感なのでお店で整えましょう。

形が綺麗になれば写真に収めて
その形通りにカットすればOK。

不安だったら1ヶ月に1回程度
眉サロンへ通いましょう。

私は一番最初は5000円くらいの
眉ワックスで整えましたが

ワックスしたおかげで形が変わり
最近は2000円のシェーバーカットで
済ませています。

3.鼻毛は電動カッターで済ませよう

鼻毛出てるのめちゃくちゃかっこ悪いです。

最近はマスクが多くなったせいで
油断してることもありませんか?

カットするのも抜くのも少し面倒だし
痛いので電動カッターで終わらせましょう。

私はドンキで買った1000円くらいの
電動鼻毛カッターを使ってます。

10秒で終わるのでコスパ良すぎ。

4.唇に塗るのはリップクリームより〇〇

ガサガサの唇にキスしたいなんて思いませんよね。

清潔感を作る理由は
女性とのセ○クスが主なので
唇ケアも大事です。

で、市販のリップリクームを
買う人が大半ですが

それより「白色ワセリン」を
使ったほうがいいです。

金銭的にもボリューム的にも
ワセリンが上なので薬局で購入しましょう。

5.ヒゲは脱毛推奨

ひげ剃りの時間って1日3分程度ですが
積み重なれば1年で120分です。

時間の無駄だし剃り残しあったら
かっこ悪いので脱毛するのが一番ラク。

今は分割払いで月1万円程度で
ヒゲ脱毛できるので
余裕ある人はぜひ行きましょう。

ちなみに美意識高い女性に
「脱毛行ってる」と話したら
印象良くなるのでオススメ。

6.服は体に合ったサイズを選ぶ

特にファッションに疎い人は
友達と買いにいくか店員さんへお願いして

「サイズの合う服を探してます」

とお願いしましょう。

服の組み合わせについては
ここで言及しませんが
サイズ感はとても大事です。

例えば営業マンがビシッとスーツを
着てたら印象いいですが

裾が長すぎる、スーツの肩幅が合ってなくて
猫背に見えると「仕事できなさそう」と
感じますよね?

サイズ感を自分で判断できない場合は
他人を頼りましょう。

7.爪はヤスリがけまで徹底

爪の間に黒ずんだものとかあったら最悪です。

女性の体内にそんな指入れちゃダメですよ。

爪は白い部分を全部切って
ヤスリまでかけて角を取り除きましょう。

8.匂いケア

生乾きの服、加齢臭など
生活環境でつく悪臭があります。

いくら香水をつけても
もとの服や体臭が臭ければ
意味がありません。

・服は乾燥機にかける
・匂いが取れない服は潔く捨てる
・部屋干し用の洗剤を使う

体臭に関しては
食べ物で抑えることも可能。

体臭の原因となる食べ物

・肉類(タンパク質・脂質)
・にんにく
・動物性脂肪(チーズ、牛乳など)
・辛い食べ物
・アルコール

逆に体臭を抑える食べ物

・緑黄色野菜や緑茶
・お酢や梅干し、海藻類
・食物繊維やオリゴ糖

まずは服と体臭を改善してから
香水をつけましょう。

香水をつける場所は

・膝裏1プッシュずつ
・股間に1プッシュ

でOK。

香りは下から上に上がっていくので
全身に回ります。

あと香水は時間経過で香りが変化するので
アポ30分前につけておくと出会った時に
一番いい香りになります。

まとめ

今回は「清潔感の正体」として
8項目をお伝えしました。

髪、眉、鼻毛、唇、ヒゲ、服のサイズ感、爪、匂い

こんなの当たり前と思ってる人が大半でしょうが
毎日全部できてる人は本当にいません。

休日だから髪セットしなくてもいいや、じゃなくて
歯磨きと同じように「やって当たり前レベル」に
するのが一番です。

ビシッとしたら自信もついて
堂々と振る舞えます。

毎日出かける前にチェックして
習慣化させていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!