過保護な親に対抗する『たった1つの行動』

みなさんが学生の頃、両親から行動を制限されていませんでしたか?

周りの友達は夜まで遊んでいるのに、うちは門限がある。

みんなともっと遊びたいのに「危ないから」と言われて部屋に閉じ込められる。

旅行に行きたいのに「お前一人じゃ無理だ」と決めつけられる。

僕の両親も過保護だったので、そういった経験があります。

誕生日の日に友達が祝ってくれて夜遅く帰ったら、こっぴどく叱られて最悪の誕生日だったこともあります。

そんな両親に嫌気がさしたある日、僕がとった『ある1つの行動』で、両親の過保護は一気になくなりました。

今回はその「行動」について話したいと思います。

 

「○○したい」と心の中で思ったら「すぐ行動に移す」

親に相談する必要なんてありません。

旅行に行きたいなら、てきとうに嘘をついてでも自分の力で達成しましょう。

この考え方は「ジョジョの奇妙な冒険・第五部」で学びました。

 

わか
学び元が物騒すぎる

この考え方、めちゃくちゃカッコよくないですか?

言葉にする前に行動する。そういうことを言っています。

 

両親に反対される理由って「やりたいことを話すから」ですよね。

たしかに両親は自分の夢を応援してくれるかもしれません。

「ブログで一生食べていきたい・行ったことない場所へ旅行する」などを除いて。

 

たとえ両親といえど、本人たちが体験したことない行動は理解できないものです。

アナタも友達から突然「仮想通貨凄いからやってみよう!」と言われたら「危なそうから嫌だ」と思いませんか?

人は「無知なこと」に対して「危ない・危険だ」という判断を下します。

 

両親がアナタの行動に反対する理由は、その行動に対して無知である証拠です。

なので、言うのは行動したあとにしましょう。

 

行動したら事後報告する

もし行動して成功したなら、両親へそのことを告げましょう。

既に終わったあとなので「お前にはできない」が通用しません。

「危ないことするな!」と怒られるかもしれません。

でも、そうやって行動しないとアナタは狭い世界に閉じ込められたままです。

今まで育ててくれた両親に迷惑かけたくない、そんな考えでいませんか?

むしろ「自分はこれだけできるんだ!」と行動で示したほうが、両親としては安心しそうですよね。

一人でも生きていけると、早いうちに理解させてあげましょう。

 

実際に行動した「僕自身の体験談」

この考えが身についたのは、ジョジョだけがきっかけじゃありません。

実際に行動したことがあるので、その時の話を記します。

 

——–

19歳の時に一人で東京旅行へ行きました。

1ヶ月前にそのことを両親にいうと

一人で東京なんて危ない!最初はお父さんと一緒に行きなさい!

いやいやお母様。僕もう社会人ですよ?

両親からすると子供は一生子供のまま。

でもその考えって、子供の成長を妨げてるとしか思えません。

わか
特に普通の人生を送ってきた両親は過保護なイメージ

もし僕の両親が幼少期から旅行にバンバン行くような人生だったら、こうならなかったでしょう。

ということで、嘘をついて東京へ行きました。

わか
今度の3連休、友達の家泊まるわ〜

そんな嘘をついて地元の長崎から東京まで、往復16時間の旅をしました。

出発日当日まで「福岡行の高速バス券」「新幹線の切符」「宿泊地」何も持っていませんでしたが、回収・確保しながら突き進むことができました。

わか
当時はまだスマホを持ってなかったので、東京の地図を印刷して持って行きました

無事に帰宅したあと、両親に告げました。

わか
東京行ってきたわ

両親は驚いていましたが、怒ることなく「旅行楽しかった?」と聞いてくれました。

その後は夜遅くに帰っても特に何も言われず、海外旅行なども口出しされなくなりました。

 

終わりに

過保護な両親に悩む人ってかなり多いと思います。

両親の存在が自分の可能性を押しつぶしていることだって多々あります。

そんなアナタにもう一度言葉を送ります。

「言葉で言わず、行動で示せ!」

その行動がきっかけでアナタの世界が広がります。

両親の考えも変わることでしょう。

周りの目は関係ありません。アナタの人生ですから。

自分が正しいと思う道を全力で進みましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1995年10月生まれ。21年間、素人童貞の自分に自信を無くしていたが、SNSで出会った女性で童貞卒業できたことをきっかけに、ネットナンパを学び始める。現在セフレ3人。LINE@にて『経験0でも童貞を卒業できる、SNS恋愛マニュアル』を無料プレゼント中。